商標について知る

ビジネスと商標権

  • ブランド戦略と商標権について

    「ブランド戦略」(ブランディング)とは、「経営・販売上の戦略として,ブランドの構築や管理を行うこと。」(三省堂「大辞林 第3版」)、「ブランドの生命力を持続させるために、顧客によいイメージを与える事」(自由国民社「現代用語の基礎知識 2013」)等とされています。 自社...

    続きを見る

  • 商標と商号

    1.「商標」について 「商標」の定義[商標法第2条第1項]「商標」とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合(以下「標章」という。)であって、次に掲げるものをいう。一.業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品につい...

    続きを見る

  • キャッチフレーズやスローガンの商標登録

    1.「キャッチフレーズ」・「スローガン」について 「キャッチフレーズ」・「スローガン」の定義 [広辞苑] 「キャッチフレーズ」⇒人の注意をひくように工夫した簡潔な宣伝文句「スローガン」 ⇒ある団体・運動の主張を簡潔に表した標語 「キャッチフレーズ」・「スローガン」の具体...

    続きを見る

  • ネット販売と商標登録

    <小売商標取得の必要性> インターネット経由で商品を販売する場合、商品商標のみならず小売商標についても商標権を取得したほうがよいと言えます。   例えば、アクセサリーをオリジナルブランド名「○△□」で販売する場合には、商標「○△□」について、指定商品を「第14類 身飾品...

    続きを見る

  • 標準文字による商標登録の必要性

    ネット販売と模倣品対策 最近、アマゾンや楽天といったECサイト(ネット通販サイト、ショッピングモールサイト)に出品される企業様から「標準文字による商標登録」について多くのご相談を頂いております。  お話しを聞いてみますと、出品者が模倣品対策をECサイト運営者に申し立てる...

    続きを見る

  • HP名と商標登録

    ホームページの名称は直接的には商標登録の対象とはなりません。ホームページの名称は「数あるホームページを識別するためのもの」であって「商品・役務(サービス)を識別するもの」ではないからです。 ただし、何らかの商品やサービスと関連してホームページが作成された場合、そのホーム...

    続きを見る

  • そもそもなんで商標登録が必要なのか?

    商標登録(権)というのは、ビジネスを進めていくうえで生じる課題を解決するためのツールですので、どのような課題が生じ得るのかを考えてみる必要があります。  商標登録で解決可能な代表的な課題は、 会社名を商標的に独占的に使用したい商品やサービスのオリジナルブランドを独占的に...

    続きを見る

  • 商標登録についてのご相談のタイミング

    商品やサービスのネーミングが決まってからでは遅いです。 できれば商品やサービスのネーミング案ができたらすぐに専門家に相談したほうがよいでしょう。 私どもにご相談頂く方のほとんどがタイミング的に遅いのが実情です。タイミングが遅いと後から先行商標が存在することが発覚して困難...

    続きを見る

  • 小売業と商標登録の必要性

    小売業というのは、物を消費者に販売する役務(サービス)ですが、小売業者が商標を「使用」するというのはどういうことをいうのでしょうか。 商標法第2条第3項各号によれば、下記の通り規定されています。 (1)役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物(譲渡し、又は貸...

    続きを見る

  • 多くのお客様が識別力の弱い商標を出願したがります

    多くのお客様が識別力(*)の弱い商標を出願したがります。 識別力が弱い商標というのは、普通名称化しやすかったり、第三者が使いたがりそうなものが多いのですが、なぜそのような商標を出願しようとするのでしょうか?  これは、ネーミング(商標)を作る過程で「商品やサービスの内容...

    続きを見る