商標登録 相談ROOM

商標登録で困ったら、
まずは専門家に聞いてみよう。
こういうときはどうしたら? 
どこまでやっておくといい? 
形は関係するの?
みなさまのご質問にお答えします!

アドバイザー:弁理士 岡田勝義

気軽に質問してみよう!

「出願について」の質問

新しく作った商品のキャッチコピーを作りました。このキャッチコピーは商標になるのでしょうか?
原則として商標とはなりません。「キャッチフレーズ」や「スローガン」は、一般的に識別力がないため(商品や役務(サービス)との関係で商標として認識されない)、原則として、商標登録を受けることができないこと...

続きを読む

質問者:No Name

カテゴリー:出願について

介護や、お年寄り用に便利な機能のついた衣料品の企画、製造、販売をしています。差別化のためにも商…
商標権の有効期限(存続期間)は、登録日から10年間ですが、更新登録の申請により存続期間を何度でも更新することができます。...

続きを読む

質問者:No Name

カテゴリー:出願について

業界ではかなり有名な商品の名前と同じ響きの名前を、自分が開く店の名前にしたいのです。商標は申請…
残念ながら必ず権利が取れるわけではありません。ご相談頂いているケースですと「業界ではかなり有名な商品の名前と同じ響き」とのことですので、既に商標登録がされていることが考えられます。また、開こうとしてい...

続きを読む

質問者:No Name

カテゴリー:キャラクター・ブランド出願について

新製品を発売予定です。商標はいつまでに申請すればいいのですか?
特に「いつまで」といった期限はありませんが、商標登録は早い者勝ちですので、なるべく早く出願することをお勧めいたします。本件の場合、新製品の発売までに商標登録を済ませておいたほうが良いでしょう。そうなる...

続きを読む

質問者:商標愛好家

カテゴリー:出願について

タオル工場を経営しています。最近かなり良い商品ができました。息子から「ブランド名を付けて商標出…
商標は、商号とは異なります。商号というのは、一般的に会社の名称を意味し、会社を識別(区別)するために用いられます。一方、商標というのは、「商品」や「サービス」のを識別(区別)するために用いられるマーク...

続きを読む

質問者:No Name

カテゴリー:出願について

ビジネス役立つ
商標登録情報

書籍紹介

もうけを生み出す中小企業の知財戦略

中小企業は独自の技術やアイデアをもっと活せば大企業と渡り合える
様々な成功事例をもとに知財からもうけを生み出すポイントを解き明かす。