商標について知る

出願後の審査

  • 早期審査について

    商標登録出願を行うと、まず出願書類の様式・方式についての審査(方式審査)がされ、その後、順次出願の内容についての審査(実体審査)が行われます。 実体審査において審査官が出願について拒絶理由(「商標登録を認めることができない」とする理由)が存在しないと判断した場合、「商標...

    続きを見る

  • 取消審判について

    商標権者には登録商標を使用する義務及び正当に使用する義務があります。そこで、登録商標を所定の期間にわたって使用しないときには、「不使用取消審判」により商標登録が取消されることがあります。 また、他人の利益を損なうような形態で使用している場合には「不正使用による取消審判」...

    続きを見る

  • 拒絶理由通知への対応

    出願後の実体審査において、担当審査官が出願について登録査定とすることのできない何らかの拒絶理由があると判断した場合には出願人に対して、拒絶理由が通知され、対応する機会が与えられます。 ここで、「拒絶理由の通知」=「権利取得ができない」と確定したわけではありません。 「拒...

    続きを見る