“商標”情報ニュース

類似商品・役務審査基準における変更点

2017/02/15 

 平成29年1月1日より類似商品・役務審査基準が変更された。主な変更点は下記のとおりである。

・区分変更・・・(例:第20類「旗ざお」を第6類「金属製旗ざお」と第19類「旗ざお(金属製のものを除く。)」に分ける)商品の材料で区分を細分化(類似群の変更はなし)。

・類似群の変更・・・(例:第35類「新聞記事情報の提供」42G99→42G04(新類似群))仮類似群コードから新類似群コードが作られた。

・表示の明確化・・・(例:第6類「はり」(07A01)→「はり(建築用又は構築用の金属製専用材料)」第44類「はり」(42V01)→「はり治療」)同音異義語等の意味が明解になるように表現方法が変わった。

・表示の追加・削除・・・(例:「腕時計型携帯情報端末」「スマートフォン」(11B01,11C01)追加、第11類「懐炉灰」(19B28)削除)市場の動向を踏まえ、現状の取引に即した商品・役務内容に変更した。

・その他注意点・・・ニース国際分類の改正に基づいて、せっけん類、化粧品、歯磨き関連商品について、医療用の商品は第5類、医療用以外の商品は第3類に分類されることとなったため、医療用か否かがあいまいな「薬用」の文字は、11-2017版(平成29年1月1日)からは、せっけん類、化粧品、歯磨き関連商品に使用することはできない。

 詳しくはhttps://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/ruiji_kijun11-2017.htmを参照されたい。

TOPへ戻る

初めてのかたでもWebで簡単依頼

商標や商品・サービスや
出願費用について相談したい!

無料ご相談

商標権取得までの
総費用が知りたい!

オンライン無料お見積もり

スマート商標 特設フリーダイヤルへ今すぐ!

受付時間:平日10:00〜17:00

スマート商標のページへ

戻る

商標登録取得の流れ

商標件取得までの流れを
ご案内致します

商標登録 事例紹介

頼んでよかった!
登録時のポイントが
わかる!

書籍紹介

もうけを生み出す中小企業の知財戦略

中小企業は独自の技術やアイデアをもっと生せば大企業と渡り合える様々な成功事例をもとに知財からもうけを生み出すポイントを解き明かす。

  • 新しいタイプの商標登録 受付開始